Monthly Archives: 4月 2020

当院における新型コロナウイルス対策

先日の投稿 http://www.matsumoto-eye-clinic.jp/info/?p=341

でお知らせした事に追加する形で以下の対策を行うことになりましたのでお知らせ致します。

①ソーシャルディスタンスを保つため、院内の待合室、中待合室の座っていただける座席数を約半分まで減らしました。

②検査時間の長い特殊検査(視野検査など)は極力排し、患者さまの滞在時間を軽減し円滑に診察が進むように配慮しました。

③濃厚接触が避けられない、コンタクトレンズ未経験者の患者さまへのコンタクトレンズ処方を中止しています。(1人でコンタクトレンズの装脱が可能な方は処方を行っています)
※現在は再開しております。(7/31現在)

患者さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 

松本眼科

 

 

新型コロナウイルス感染対策による電話再診処方について

お薬や目薬のみ希望の方へ

当院でも電話再診処方を行っております。
新型コロナウイルスが蔓延している間のみ、お薬や目薬だけ欲しいといった場合は電話再診処方で対応させて頂きます。
院内に滞在する人数と時間を削減し感染リスクを低下させることが目的です。
また、お電話の前に下記の手順や注意点をご確認の上、ご連絡を頂ければと思います。
ご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。

 

【電話再診処方が可能な方】
半年以内に当院を受診されている患者さまで、ドクターの許可が得られた方に限ります。
症状によっては電話再診処方ができない場合もございます。ご了承下さい。

 

【電話再診処方の前に準備して頂く事】
①当院の診察券
②保険証または医療券
③お薬手帳

④いつも行かれている薬局の店舗名、電話番号、FAX番号をご確認頂く
⑤必要なお薬や目薬の種類と本数を決めておく
※この2つはお薬手帳を見れば確認できると思います。
※上記をご準備の上お電話頂けると円滑に対応できると思います。

 

【電話再診処方までの流れ】
①当院に電話
・本人確認のために診察券の番号を伺います
・保険証または医療券の番号を確認させて頂きます

②どちらの薬局へ行かれるのか確認します
・薬局のお名前、電話番号、FAX番号を伺います

③患者さまのカルテなどを確認するため、一度電話をお切りして当院より再度電話をさせていただきます
・ドクターと目薬の種類や本数の確認を電話口で行う

④患者さまが指定された薬局へ当院が処方箋をFAXします

⑤4日以内に指定された薬局へ行き、お薬を受け取って下さい

 

【注意点】
①当院に電話されてからすぐに薬局へ行かれると、お薬がまだ準備できていないこともございます。薬局へ行かれる前に一度電話で準備が出来ているか確認されることをお勧めします。

②処方箋には期限があります。4日以内に薬局へ行き、お薬を受け取って下さい。

③処方箋発行にかかる金額は次回来院時に請求させて頂きます。

 

何かご不明点があれば当院までお問合せ下さい。

 

松本眼科

当院における新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4月から当院でも対策を行っております。

備品の発送が遅れているものもあり、準備が出来次第順次開始しております。

【スタッフが行う対策】
①出勤直後に検温、感冒様症状の有無を管理シートに記載。
②手洗い、手指消毒の徹底。
マスクの着用。
➃眼鏡やメオガードなどのアイウェアを着用。(結膜からの感染を防ぐため
⑤院内や備品などをこまめにアルコールで拭く。
⑥受付時にお渡しする番号札を使い捨ての物に変更。

 

 

【患者様にもご協力をお願いする対策】

①全ての患者様、お付き添いの方に、来院時の検温のご協力をお願いしております。

体温が37.5℃以上の全ての患者様に関しましては、診察(立ち入り)をお断りします。

②検温で37.5℃未満の場合でも、感冒様症状(咳、鼻水、のどの痛み、体のだるさなど)がある際も従業員にお知らせ下さい。

③来院の際は(付き添いの方も含め)マスクを着用してご来院ください。
➃ 手洗いとアルコールによる手指消毒にご協力お願いいたします。

 

検温には非接触型の体温計を使用するため数秒で終わりますが、午前診開始すぐや、午後診開始すぐなどは多くの患者さまが来られるため、受付するまで時間がかかることが予想されます。
診察開始すぐの時間帯をずらして来院いただけると、受付での混雑は避けられると思われます。

患者様にはご理解とご協力をお願い申し上げます。

松本眼科

「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」が先進医療から外れました

2020年3月31日をもって、先進医療から「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」が外れ、

4月から「先進医療」から「選定療養」となりました。

 

先進医療で行っていたレンズに関しては、今後の詳細など当院としてもどういった形になるか確定したことをお伝えできる状況にはない状態です。順次準備を進めてまた決定次第、こちらでもお伝えする予定です。

 

もしそれまでに多焦点レンズを希望される患者さまがいらした場合は、その旨もご理解した上でお問い合わせ頂ければ幸いです。

ご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願い致します。

 

松本眼科