診療のご案内 | 大阪府西成区岸里 松本眼科

一般治療

当医院では、患者さまの目の健康を第一に考えて、できるだけ快適に過ごせる環境を提供できるよう、眼鏡やコンタクトレンズを処方します。また、患者さまの自覚症状がなく進行している場合が多い緑内障や網膜疾患などの早期発見に努め、分かりやすい説明を心がけてております。またドライアイ、眼精疲労、アレルギー性結膜炎、白内障、緑内障、糖尿病網膜症など目の病気に対して最新の医療と、最新の医療機器や設備を導入により、よい医療を提供いたします。

専門治療

日帰り白内障手術について

当院では、術後の眼内レンズ度数の誤差を最小限にするため最新の眼軸長測定装置を導入しています。また、術後の乱視や感染症を起こしにくい小切開白内障手術を行っています。手術は10分程度、麻酔も点眼麻酔が中心で、痛みを伴うことはほとんどありません。もちろん手術にリスクが全くないわけではありませんので、それぞれの患者さまの病状やライフスタイルに応じた治療方法を患者さまとともに考えてまいります。

網膜硝子体手術

目の奥の硝子体や網膜の病気を外科的に治療する手術です。
瞳を通して目の奥を観察して行いますが、白目にごく小さな穴を開けて治療の器具を挿入しますので内視鏡手術のようなイメージです。
特殊な器具で出血で濁った硝子体を取り除いたり、網膜を付着した膜を除去したり 網膜にレーザーをあてたり病気によってさまざまな処理を行います。

レーザー眼科治療

通常の光と違ってレーザー光は医学的な治療を行うのに適した性質をもっています。当医院ではグリーンレーザーとヤグレーザーを導入し、糖尿病網膜症をはじめとする網膜疾患、後発白内障、緑内障等に対する幅広いレーザー治療を外来にて行っています。眼のレーザー治療は、思ったより手軽にでき、翌日から視力の回復が見られるほど即効性があります。

緑内障検診

緑内障は早期発見、早期治療が必要な病気です。健康診断や眼科受診でたまたま見つかることが多いのですが、自覚症状がないため放置されることもめずらしくありません。日本では40歳を過ぎれば20人に1人は緑内障にかかっていると言われていますので、定期的な眼科受診をお勧めします。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは医療機器であり、副作用または機能の障害が生じた場合は、健康に重大な影響を与える恐れがあるので、適切な管理が必要です。眼科専門医による定期的な診察は必須であり、レンズを適切に使用し、常に使用状況を確認しておくことが大切です。