ドクターのご紹介 | 大阪府西成区岸里 松本眼科

院長からみなさまへ

はじめまして、院長の松本吉章です。これまでの病院勤務にて、おもに白内障・網膜硝子体手術を中心に臨床経験を積んでまいりました(白内障手術約4000件、網膜硝子体手術約300件、緑内障手術・外眼部手術など)。
地域の皆様に頼れるパートナーとして、皆様のお役に立ちたいと考えております。 皆様の健康に少しでも貢献できることをスタッフ一同喜びと感じております。 どうぞ、末永くよろしくお願いします。

院長 松本 吉章

経歴のご紹介

名前
松本 吉章
ふりがな
まつもと よしあき
経歴
長崎生まれの大阪育ちです。清風高校を卒業後、兵庫医科大学医学部に入学。学生時代は体育会競技スキー部で6年間汗を流しました。平成11年医学部卒業後は兵庫医科大学眼科学教室での研修後、あさぎり病院・鐘紡記念病院(現 神戸百年記念病院)・協和会協立病院眼科部長を経て、平成23年7月松本眼科を開設させて頂くことになりました。
資格
日本眼科学会認定眼科専門医
ボトックス療法認定資格医
所属学会
日本眼科学会
日本眼科手術学会
日本網膜硝子体学会
日本眼内レンズ屈折手術学会
趣味
マラソン、スキー、トライアスロン、車バイクなどの機械いじり